カイケツする、をデザインする。

立っている場所は違っても、
心は同じ方角を向いている。
お客さまのお悩みを、
自分のことのように考えるからこそ、
その本質が見えてくると私たちは考えます。
課題をゼロにすることはできなくても、
それを乗り越えることで、
ひとは前に進めるのだと信じて。
つくりたいのは、「作品」ではなく、
お客さまの「カイケツ」です。
そのこだわりを、すべての仕事のまんなかに。
私たちは、東京グラフィックデザイナーズです。

ものと人をつなぐ、
あたらしい価値を創造する。

それは、製品と使う人の、
あたらしい関係を築くこと。
そのために、私たちは人の気持ちや
生活をとことん見つめ、
求められている「価値」を
あらわすことを大切にしています。

何を聞かれても答えが出せる、
いちばんの理解者に。

誰よりも、お客さまのことを
よく知る存在でありたい。
製品とサービスはもとより、
取り組み・活動、歴史や理念、
そこではたらく人の想いまで深く理解するからこそ、
届けられる表現がある。私たちはそう信じています。

企業のあらゆるイベントの、
頼れる裏方として。

広告・宣伝領域に限らず、企業には
社内外に向けた
さまざまなイベントがあります。
そのすべてを「ふさわしい顔」で実現するために、
手間のかかる裏方は私たちにお任せください。

写真の力を信じる。
その想いが、広告を強くする。

東グラの写真部からうまれたグループ会社「フレンズ」。
プロダクト、特にモビリティーが放つ一瞬の「シズル」、
そして人の想いや情熱を切り取る
プロフェッショナルとして、
広告にさらなる魅力を添えていきます。