東京グラフィックデザイナーズとは?

仕事でこたえるクリエイティブ集団

つくりあげた仕事そのものが営業的な役目を果たし、
次々とあたらしい仕事を生み出していく。
これが本当のクリエイティブだと
東京グラフィックデザイナーズは考えます。
Hondaの広告制作を中心に、さまざまな分野の仕事を展開。
私たちは、一人ひとりの活き活きとした能力を結集し、
最良のパフォーマンスを発揮するクリエイティブ集団です。

東グラがやってきたこと

あたらしい「価値」をつくるということ

「スーパーカブはそば屋に向いている」
Hondaの創業者・本田宗一郎氏の言葉をもとに制作した、
初代スーパーカブの雑誌広告。
これを機に、スーパーカブは全国のそば屋に普及。
今では当たり前の風景となった「働くカブ」は、ここから生まれました。
製品と使う人の、あたらしい関係を築くこと。
すなわち、製品やブランドの、あたらしい「価値」をつくり出すこと。
私たちのクリエイティブの原点はここにあります。

東グラの基本

徹底的に「気配り 目配り 思いやり」

企業や製品の、世の中とのコミュニケーション。
そのすべては、人に始まり、人に届くことで完結します。
私たちは、徹底的に相手の立場に立って考え抜くことを忘れません。
製品をつくる人、使う人の気持ちを細やかに想像することから、
すべての仕事を始めます。

東グラの強み

総合力の活きる一貫したコミュニケーション

グラフィックデザインを中心としたプロダクションとして設立、
まもなくディスプレイやイベント等を手掛ける部署を新設しました。
また1982年には映像部門、2005年にはWeb部門と、時代を経て仕事の領域を広げてきました。
さらに、当社の写真部門を独立させて設立した株式会社フレンズは、
広告写真を中心とした撮影のプロフェッショナル集団として活躍。
広告制作からWeb、映像、スペースプランニングまで総合力を活かし、一貫したコミュニケーションを展開しています。

広告制作
アドバタイジング
キャンペーン
パブリシティ
編集物
セ−ルスプロモーション
CI・VI
マニュアル
企画制作・印刷・管理
Web制作
Website
企画制作・運用・管理
映像制作
プロモーションVP
企画制作・管理
イベント映像
スペースプランニング
エキジビション
イベント
ディスプレイ
企画設計・運営・監理